FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その七

イグドラシルの果実

1章~日常~

ーーーーー6話ーーーーー

学校からの帰り道、暗い夜道を一人先ほどの女の子のことを考え歩く。

謎だらけの彼女、珠真がわかっているのは名前くらいだ。

神無零蘭、辺りが暗かった所為で顔がはっきり見えたわけではないのだが、珠真は零蘭が美人だったと決めつけている。

そうと決めつければ珠真は止まらない、明日あらゆる交友を頼り情報収集をするつもりだった。

そのストーカー紛いの行動を珠真は一度実際に行っていたのだ、警察沙汰になりかけたのだが本人に危機感はなかったと言う。

いまとなっては笑い話なのだが、当時は大騒ぎだったのだ。

それを今回も性懲りもなく行動に移そうとしているのは珠真だからこそだろう。

真夜中の帰り道を少し遠回り、見慣れた景色から外れ別の景色を捉える。

この街に流れる唯一の川、それに架かる古い橋は景色に溶けない灰色、冷たい鉄の色。

その前で一度立ち止まる、歩き出して橋の真ん中あたりでもう一度立ち止まる。

大きく息を吸い込み両腕を上へと突き出す。

「明日も頑張るぞーッ!」

一人発した声は遠くの山に反射しこだまする、一気に橋を駆け抜け渡りきると向こう側へと足を踏み入れる。

見慣れない景色を気にも留めずに足早に家にへと向かって行った。

月の明かりがその道を照らしていた。

翌朝、学校の教室、珠真のクラス。

「なんだって!?」

その声を皮切りに教室中の男子がどよめく、ザワザワと落ち着かないのはいつものことながら今日は一段とうるさい。

その騒がし教室の入口にて立ち尽くす珠真、暑苦しい男どもから離れてちかくの女子集団に逃げ込む。

「どーゆー状況?」





「なるほど、転校生が美人で男子は盛り上がり、女子はジェラシーか…なんてこった。んー俺はそれどころじゃねーんだけどなぁ。」

鳴り響く予鈴、教室に入ってくるいかつい顔の担任
『厳屋樹助』(いかや きすけ)
とその隣に立つ転校生。

「ん…?」

「神無零蘭…です。」




ーーーーー続くーーーーー
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
年齢:16歳

高校生です。
プロフ画像は星子さん作です^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2チャット
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。