スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その山

イグドラシルの果実

1章~日常~

ーーーーー2話ーーーーー

サウナ状態の廊下を走行中の生徒が一名。

珠真は2-2の教室に向けてなぜか走って向かっていた、理由は無いけど急ぐが吉と言い聞かせて走る。

幸い2-2の教室は図書室のある3階と同じ階にあるために階段を登ったりすることは無い。

そのため既に教室前に到着してしまった珠真、一度取手に手を掛けたものの開こうとしない。

ドアのガラスは曇りガラスのために向こうの様子が分からない、しかも無意味に走ったために汗をかいてしまい入るにはいれなくなってしまっていたのだ。

しかしこのままここで葛藤していたのでは走ってまできた意味が無い、だがそもそも走った意味も無い。

バカにされるオチが見え見えであり珠真はそれも嫌ったのだ、バカにされに行くほどバカでは無いと一人ドヤ顔をする辺りは他から見たら救い用の無いバカなのだが当人はそんなことなど考えない。

今考えるべきはどうやってこの教室にはいるか、これだけである。

無駄に考えるだけで時間は過ぎていく、そしてさらに入り辛くなるのだからもうどうしようもない。

結局でた答えは考えることを諦めて普通に入るということ、迷わず取手に手を掛けそして…。

「うおっ…何してんのお前?」

…。

突然開かれたドア、マヌケ顏の珠真それは2-2のクラスメイトにはさぞ滑稽に見えたのだろう、教室中に爆笑が巻き起こる授業をしていた先生も呆れている。

「すんません…。」

ボソリと呟いたのだが爆笑の渦中にそんな言葉が聞こえるはずもなく、赤面しながら珠真は自分の席に着いたのだった。

しばらく授業どころではなかったのは言うまでもない。

そして授業が終わり授業間の休み時間。

「てめー授業中にトイレはないだろーが、もう大人料金なんだから休み時間には済ませとけよ。」

「大人料金てなんだよ!?つうか、お前がいるとは思わなかったよ。なにしてたんだ?いややっぱ言わなくていいや、どうせ寝てたんだろ?」

その通り珠真は図書室で爆睡、挙句恥ずかしい放送までされていたのだからクラスメイトが爆笑して当然だ、と思っているのは珠真だけクラスメイトにはただ珠真のマヌケ顏がツボだったのだ。

「まぁあれだな、お前だからこそだよな。俺があんな顔してもシラケるだけだよ。」

と談笑している珠真のクラスメイト
『林護雨』(はやし ごう)
先ほどの珠真のマヌケ顏の原因となった人物である。

「俺もお前みたくなりたかったよ。」

珠真は今ではバカで知られているが、これがバレるまでは女子がキャアキャアと騒ぎ立てるほどのクールなイケメンで通っていたのだ。

小顔で凛とした二重の眼に整えてある眉、高めの鼻と総合的にイケメンパーツを取り揃えてきている。

あと本人曰く、アッシュブラウンでカジュアルショートに決めて完璧じゃね?と、取り敢えずカタカナ使ったらカッコいいと思っているあたり流石である。

しかしそれが似合ってしまうのでさらにつけあがるのだ、結果バカを晒して引かれるということになってしまった。

も一つ武勇伝を語るなら、髪を染めるのは校則違反なのだか地毛だと言い張り生徒指導を呆れさせたことで、地毛で通っているのだからこれは驚きだ。

「まっ護雨はさ、指を金ピカにしてアチチアチ!って吠えてろな?終いにはゴウとかゴとかって言葉にたいしては魂込めて叫んでろ。」

「バカにしてるよね?バカのくせにバカにしてるよね?」

と今日も相変わらずの日常を送っているのだ。

それこそ普通に生きて普通に死ぬという、一本道を歩むのだ。

それが日常。

そしてその道を外れて道なき道を進む時、それを非日常と呼ぶのだ。


ーーーーー続くーーーーー

初回なのではりきって
プロローグ&2話更新

下手くそですが頑張ります
♪───O(≧∇≦)O────♪


次は年明けに更新( ´ ▽ ` )ノ


その後は
気が向いたら

朝7時
更新予定
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
年齢:16歳

高校生です。
プロフ画像は星子さん作です^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2チャット
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。