スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その七

イグドラシルの果実

1章~日常~

ーーーーー6話ーーーーー

学校からの帰り道、暗い夜道を一人先ほどの女の子のことを考え歩く。

謎だらけの彼女、珠真がわかっているのは名前くらいだ。

神無零蘭、辺りが暗かった所為で顔がはっきり見えたわけではないのだが、珠真は零蘭が美人だったと決めつけている。

そうと決めつければ珠真は止まらない、明日あらゆる交友を頼り情報収集をするつもりだった。

そのストーカー紛いの行動を珠真は一度実際に行っていたのだ、警察沙汰になりかけたのだが本人に危機感はなかったと言う。

いまとなっては笑い話なのだが、当時は大騒ぎだったのだ。

それを今回も性懲りもなく行動に移そうとしているのは珠真だからこそだろう。

真夜中の帰り道を少し遠回り、見慣れた景色から外れ別の景色を捉える。

この街に流れる唯一の川、それに架かる古い橋は景色に溶けない灰色、冷たい鉄の色。

その前で一度立ち止まる、歩き出して橋の真ん中あたりでもう一度立ち止まる。

大きく息を吸い込み両腕を上へと突き出す。

「明日も頑張るぞーッ!」

一人発した声は遠くの山に反射しこだまする、一気に橋を駆け抜け渡りきると向こう側へと足を踏み入れる。

見慣れない景色を気にも留めずに足早に家にへと向かって行った。

月の明かりがその道を照らしていた。

翌朝、学校の教室、珠真のクラス。

「なんだって!?」

その声を皮切りに教室中の男子がどよめく、ザワザワと落ち着かないのはいつものことながら今日は一段とうるさい。

その騒がし教室の入口にて立ち尽くす珠真、暑苦しい男どもから離れてちかくの女子集団に逃げ込む。

「どーゆー状況?」





「なるほど、転校生が美人で男子は盛り上がり、女子はジェラシーか…なんてこった。んー俺はそれどころじゃねーんだけどなぁ。」

鳴り響く予鈴、教室に入ってくるいかつい顔の担任
『厳屋樹助』(いかや きすけ)
とその隣に立つ転校生。

「ん…?」

「神無零蘭…です。」




ーーーーー続くーーーーー
スポンサーサイト

その禄

イグドラシルの果実

1章~日常~

ーーーーー5話ーーーーー

妖しく照らす月明かりに陰る彼女の表情。

言葉の意味が理解できない珠真は珍しくだんまりである。

「あの…私は…えっと。」

「美人だ。」

「え?」

唐突に発せられる言葉、立ち尽くす彼女に近づく珠真。

「名前は?」

珠真はすぐさまクールキャラを演じ始めて立ち尽くす彼女に顔をグーっと近づける。

「なまえ?…れいら。神無 零蘭(かなし れいら)です。」

誰もが顔を赤らめる程の距離まで近づけたイケメンフェイス、だが零蘭は表情を変えることもなくただ珠真の眼を見つめる。

「…ん?」

その今までにない状況に少し動揺する珠真、顔を近づけたことが急に恥ずかしくなり零蘭と距離をおく。

感じる違和感。

「あの…貴方は?」

単調で感情の伝わらない声、凍てつくような冷たい視線に絶望に満ちたような瞳。

「俺は珠真…北桜 珠真。」

「ミナマ?…ミナマ、またね。」

「え?」

零蘭は背を向けて歩き出す、珠真は追うことさえできずにその場で立ち尽くす。

胸に残る違和感と妙な感覚、珠真に残っただれと話していたのかという感覚。

「不思議な奴もいたもんだ。」

静寂の世界、闇のなかに一人佇むミナマ。

月明かりに照らされた校舎には不気味な雰囲気をかもしていた…。

珠真がこれから背負う運命。

零蘭が背負った非情で酷な使命。

そんなことなど知る由もなく珠真は家へと帰るのであった。




ーーーーー続くーーーーー

今回は少し短めです(^_^;)


まぁだれもみないか
。・゜・(ノД`)・゜・。

その五

イグドラシルの果実

1章~日常~

ーーーーー4話ーーーーー

「もう9歳か早いなー」

そう言いながらガシガシとココナの頭を撫でる。

「うぅ~いたいー。」

そう言いながらも満更でもないような顔をするココナ、つかの間の幸せ…と言っても別に切羽詰まった生活をしているわけではない。

毎日騒いでるので二人にとってはなんてことない普通のことなのだ、誕生日だろうが何の日だろうがハイテンションで騒げるのだ。

「じゃあココナ、ケーキくうか?」

「たべるー!」

冷蔵庫に冷やしておいたショートケーキ4切、一つだけ誕生日おめでとうと書かれたチョコが乗っている。

「わぁー兄ちゃんの手づくり?」

「そーおれの手作りケーキ、じゃなくてチョコな。」

賑やかに繰り広げられるバースデーパーティー、辺りに他の家が無いためにいつもよりもテンション高めな二人であった。

…。

何時の間にか日付が変わっていた、ココナも疲れたのだろう寝息を立てながら眠っている。

珠真はココナを抱きかかえて布団に寝かす、腕に感じる重さと温かさに顔がほころぶ珠真。

「7年くらい経つな~ホント迷惑な親御さんだよ。」

7年前、珠真兄妹の両親が亡くなってしまった事故。

珠真の聞いた話では大規模な事故だったそうだ、突然起きた大爆発に巻き込まれた大勢の人達、その中に兄妹の両親もいたのだ。

原因は詳しくはわからないと言うことなのだが、タンクローリーで運搬中のガスが爆発したのではないかと言われている。

そんなことは珠真にとってはどうでもいいことなのだが。

スースーと可愛げに寝息を立てて寝ている妹をそっとなでる。

「チョット散歩いくねーココナ。」

そういうと気分転換に外へと出かける珠真、どこに向かうでもなくただうろつくだけの日課みたいなものだ。

暗い夜道、月明かりだけに照らされた田舎道は不気味な雰囲気を醸していた。

この時間帯は商店街のすべての店はしまっており、点々と電灯が光っているだけである。

それでもここだけは他に比べると明るいため珠真はいつもここまできて家に帰る…のだが今回は何を思ったのか学校まで向かおうと考えていた。

「夜この季節の学校といやー怪談だろー七不思議だろー。」

一人ノーテンキにそう言いながら学校へと向かう、どうやら七不思議というものに興味があるようだ。

鼻歌交じり気分が乗って来た珠真、こうなってしまってはもう手のつけようが無い、バカスイッチのオン状態だ。

何をやらかすかわからない危険な状態であり、霊だろうが妖怪だろうがなんの気にもしないのであろう。

そんな危険(バカ)な状態のまま学校へと到着してしまった珠真、もちろん正門はキッチリ閉められているのだが…。

「いっきまーす!」

と言うや否やいとも簡単に正門を乗り越えて侵入してしまった。

そしてドヤ顔で校内へと侵入する、長い廊下を取り敢えず進む。

珠真がこれほど簡単に侵入できたのには理由があった、実は学校から帰る前に一階の窓の鍵を微妙に開けていたのだ。

このぬかりの無いところも珠真ならではである。

「はーなこさんこーんどあっそびまーしょ!」

と廊下でしかも今度と律儀に約束する辺り流石であるが、トイレはずっと先でありきっと聞こえてはいないだろう。

「飽きたー。」


潜入からわずか2分ほどなのだが、すぐ飽きてしまうのも珠真のバカモードなのだ。

くるりと向きを変えて侵入して来た窓へと歩き足をかけた。

その時だった。

「…ん?」

珠真の目の前に佇む人影、顔などはよく見えないが人であることは間違いない。

「あんたも探検?七不思議か?」

明らかに不審な人影であるにも関わらず自分と同じ目的ではないかと思えるのはきっと珠真だけだろう。

まぁ相手からすれば珠真も不審者なのだが…。

「わたしは…貴方は…わからない。」

謎の言葉を発してまた黙った女性であろうと思われる人物、その後は終始無言で見つめあっていた…。




ーーーーー続くーーーーー

その四

イグドラシルの果実

1章~日常~

ーーーーー3話ーーーーー

その後は教室で授業を受けていた珠真、昼休みに爆睡してしまい眠れずにしょうがなく授業を受けているのだが終始ボーッとしているだけであった。

ノートをとるでもなく、教師の話を聞くでもなくただボーッと何か思案していると見せかけてボーッとしていた。

そして授業も終わり、帰る準備をしているとある人物が珠真の机の前に立ち塞がる。

「北桜、今日は水曜日だね。」

と謎の質問をしてくる女子生徒
『欅尾好未』(やきお このみ)
珠真のクラスメイトである。

「そーですね。」

簡潔に解答し椅子から立ち上がるが、好未に腕を掴まれる。

「毎週水曜日は校内清掃でしたよね?」

「そーですね。」

「貴方帰るつもり?」

「そーですね。」

ここでしばしの沈黙、流石にマズイと思い珠真は何か言い訳を探すが時既に遅しだった。

「分かりました…後で担任に報告しておきます。」

その言葉に何かしらのスイッチが切り替わったのだろう、珠真は好未を引っ張り職員室内へと向かった。

「最初からやれよ。」と好未が心の中で呟いたのでそれが珠真に聞こえることはなかったのだが、同時に一度ビシッと言ってやろうと好未はこころに誓う。

それからは率先して大人しく取り組み、清掃をすぐに終わらせることができた。

やればできる子だと自分で思っている珠真は満足げである、一方好未はというと珠真の働きぶりにビシッと言うタイミングをなくしてしまい複雑な心境である。

そんなことなど知らない珠真はそそくさと歩き去って行くが、一度止まって好未の方を向く。

「この時期明るいけど送ってこーか?」

「えっ?」

ニコニコ笑顔でそんなセリフをサラッと言える珠真、彼はバカはバカでも天然のバカなのだ。

つまり自分ではそんな言葉は当たり前というか、頭にあることを声に出しただけなのだ。

ルックスは申し分無いためにそんなことを言われた女子は皆赤面ものだろう、好未も例に洩れず自分でも顔が真っ赤になって行くのがわかった。

「ん、どした気分わりーの?大丈夫か。」

と言いながら好未に近づく珠真、この先の展開が想像できてしまった好未は俯き自分を落ち着ける。

「だ、だいじょぶです。一人で帰れます。」

それを言うや否や珠真の横を過ぎて足速に去って行く好未、その様子に珠真は首を傾げていた。

「へんなのー。」

そう漏らすと珠真も帰宅すべく学校を後にした。

珠真等の住む街は田舎か都会かというと田舎のほうであるため、古い木造の建物が多く、たまに見かける小綺麗な西洋風の建物はよく目立つ。

珠真の家は学校から徒歩30分となかなか遠い位置なのだが、毎日歩いて登下校している。

それは珠真が自転車に乗れないからと言う理由でもなければバカだからというわけでもない。

単純に金が無いからである。

珠真は幼い頃に両親を亡くし祖父母に引き取られたのだが、高校に上がった時にこれ以上迷惑かけれないと祖父母と別に暮らしを始めたのだ。

祖父母に一切頼らず、バイトをして生活費を稼ぎ自分の身の回りのことはすべて自分でやっているのだ。

クラスメイトは皆そのことを知っているために珠真を金を使う遊びには誘わず、誘う時は奢るという気の使いようである。

珠真も最初の頃はその気遣いを無駄にしたくなかったために誘われたときは行っていたのだが、今ではあまり友達と遊ぶということもなくなった…。

ひと気の無い道を歩く珠真、辺りは田んぼだらけで疎らに家が建っている程度の寂しい道。

高校入学より毎日歩いてきた道、見慣れたその道を抜けるとまたポツポツと家が増えていき人も多くなってくる。

活気あふれる呼び込みの声、人で賑わう商店街。

そこも見慣れた景色、珠真の日常の一部だ。

「おいミナマー何か買ってけ安くしとくぞ。」

「ミナマおかえりー、学校帰りは買い物だろ?」

「珠真くん寄ってきな!」

これも珠真にとって当たり前、もうこの商店街のすべての店の人と顔見知りなのが珠真の自慢である。

しかし今日は軽く返事をしまっすぐに家へと向かった。

なぜなら…。

「ただいまー。」

そう言って玄関のドアを開けて家にはいる。

珠真の住まいは1dkの木造平屋、祖父母が用意してくれた文句の無い充分すぎる住居だった。

古い建物なのだがなかなか綺麗にされていたので、祖父母には感謝してもしきれない珠真であった。

「あれ、ただいまー!」

「おかえりー!」

突然現れた小さな女の子、玄関に突っ立っていた珠真にタックルの如く飛びかかり抱きつく。

「はなれろー兄ちゃん疲れてるー。」

かなりハイテンションな女の子、珠真の妹
『北桜心和』(きたお ここな)
小学一年生の活発少女である。

「にーちゃんつかれてるの?もう寝る?」

少し悲しげな瞳で言われたものだから堪ったものではない、すぐに珠真は妹をなだめにかかる。

「寝ないよ、今日はココナの誕生日だろ?」

そういいながら妹の頭を撫でる珠真、心和は嬉しそうに満面の笑みでウン!と頷いた。





ーーーーー続くーーーーー





ハッピーニューイヤーーーー
(^O^)

以上。

その山

イグドラシルの果実

1章~日常~

ーーーーー2話ーーーーー

サウナ状態の廊下を走行中の生徒が一名。

珠真は2-2の教室に向けてなぜか走って向かっていた、理由は無いけど急ぐが吉と言い聞かせて走る。

幸い2-2の教室は図書室のある3階と同じ階にあるために階段を登ったりすることは無い。

そのため既に教室前に到着してしまった珠真、一度取手に手を掛けたものの開こうとしない。

ドアのガラスは曇りガラスのために向こうの様子が分からない、しかも無意味に走ったために汗をかいてしまい入るにはいれなくなってしまっていたのだ。

しかしこのままここで葛藤していたのでは走ってまできた意味が無い、だがそもそも走った意味も無い。

バカにされるオチが見え見えであり珠真はそれも嫌ったのだ、バカにされに行くほどバカでは無いと一人ドヤ顔をする辺りは他から見たら救い用の無いバカなのだが当人はそんなことなど考えない。

今考えるべきはどうやってこの教室にはいるか、これだけである。

無駄に考えるだけで時間は過ぎていく、そしてさらに入り辛くなるのだからもうどうしようもない。

結局でた答えは考えることを諦めて普通に入るということ、迷わず取手に手を掛けそして…。

「うおっ…何してんのお前?」

…。

突然開かれたドア、マヌケ顏の珠真それは2-2のクラスメイトにはさぞ滑稽に見えたのだろう、教室中に爆笑が巻き起こる授業をしていた先生も呆れている。

「すんません…。」

ボソリと呟いたのだが爆笑の渦中にそんな言葉が聞こえるはずもなく、赤面しながら珠真は自分の席に着いたのだった。

しばらく授業どころではなかったのは言うまでもない。

そして授業が終わり授業間の休み時間。

「てめー授業中にトイレはないだろーが、もう大人料金なんだから休み時間には済ませとけよ。」

「大人料金てなんだよ!?つうか、お前がいるとは思わなかったよ。なにしてたんだ?いややっぱ言わなくていいや、どうせ寝てたんだろ?」

その通り珠真は図書室で爆睡、挙句恥ずかしい放送までされていたのだからクラスメイトが爆笑して当然だ、と思っているのは珠真だけクラスメイトにはただ珠真のマヌケ顏がツボだったのだ。

「まぁあれだな、お前だからこそだよな。俺があんな顔してもシラケるだけだよ。」

と談笑している珠真のクラスメイト
『林護雨』(はやし ごう)
先ほどの珠真のマヌケ顏の原因となった人物である。

「俺もお前みたくなりたかったよ。」

珠真は今ではバカで知られているが、これがバレるまでは女子がキャアキャアと騒ぎ立てるほどのクールなイケメンで通っていたのだ。

小顔で凛とした二重の眼に整えてある眉、高めの鼻と総合的にイケメンパーツを取り揃えてきている。

あと本人曰く、アッシュブラウンでカジュアルショートに決めて完璧じゃね?と、取り敢えずカタカナ使ったらカッコいいと思っているあたり流石である。

しかしそれが似合ってしまうのでさらにつけあがるのだ、結果バカを晒して引かれるということになってしまった。

も一つ武勇伝を語るなら、髪を染めるのは校則違反なのだか地毛だと言い張り生徒指導を呆れさせたことで、地毛で通っているのだからこれは驚きだ。

「まっ護雨はさ、指を金ピカにしてアチチアチ!って吠えてろな?終いにはゴウとかゴとかって言葉にたいしては魂込めて叫んでろ。」

「バカにしてるよね?バカのくせにバカにしてるよね?」

と今日も相変わらずの日常を送っているのだ。

それこそ普通に生きて普通に死ぬという、一本道を歩むのだ。

それが日常。

そしてその道を外れて道なき道を進む時、それを非日常と呼ぶのだ。


ーーーーー続くーーーーー

初回なのではりきって
プロローグ&2話更新

下手くそですが頑張ります
♪───O(≧∇≦)O────♪


次は年明けに更新( ´ ▽ ` )ノ


その後は
気が向いたら

朝7時
更新予定
カウンター
プロフィール

スノードロップ

Author:スノードロップ
年齢:16歳

高校生です。
プロフ画像は星子さん作です^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2チャット
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。